クロエの歴史カテゴリの記事一覧

クロエの歴史

当サイトは下記のサイトへ引越し致しました。

クロエ 財布とバッグ




1952年 ギャビー・アギヨン(Gaby AGHION)がクロエを発表。
    ブランド名の由来は、ロンゴスの古代小説
    「ダフニスとクロエにまつわる牧人風のレスボスの物語」
    を原作とした、バレエ音楽「ダフニスとクロエ」。
  
1963年 カール・ラガーフェルドを
    クリエイティヴ・ディレクターとして迎え、
    カールの手腕によりクロエは名声を高める。
    70年、クロエ社とコロネット商会が、ライセンス契約を結ぶ。
    同時に、香水も発表。

1975年 コロネット商会が、ライセンスプレタポルテ
    「クロエコレクション」をスタート。
  
1988年 マルティーヌ・シットボンが
    クリエイティヴ・ディレクターに就任。

1992年 カール・ラガーフェルドが
    クリエイティヴ・ディレクターとして復帰。
    過去にパコ・ラバンヌもデザインを担当。
  
1998年 S/S、ステラ・マッカートニーが
    クリエイティヴ・ディレクターに就任。
    クロエが追求してきたシンプルなラインの美しさに、
    カラフル且つモダンでキュートなエッセンスを加えた。
  
2002年 S/Sより、
    フィービー・フィロがクリエイティヴ・ディレクターを務めた。
    30歳から45歳の女性をターゲットとする。
  
2006年 1月14日。
    東京・南青山に「クロエ青山店(Chloe AOYAMA)」をオープン。
    ポール・スミス等の多数のブティックを手掛けた
    ソフィー・ヒックスが内装を担当。
  
2006年 7月14日から、大阪・梅田阪急にてクロエジュースバーを開催した。